ホーム > アーカイブ > 2010年5月のアーカイブ

2010年5月のアーカイブ

保護中: テンフィート戦

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

6月の練習日程

5/2・6・16・20・27・30
2・16・30日(水)東宇治中学校第二体育館 19:30〜
6・20日(日)東宇治中学校第一体育館 18:30〜
27(日)西宇治体育館 18:00〜
※初めてゲストで練習希望される方は管理人までご連絡ください。
ゲストメンバーはコメント欄に参加の旨お知らせくださいね☆

京都リーグ戦4〜VS テンフィート女子〜

CHELIEVERS VS テンフィート女子

  • 日 時:2010年5月23日(日)
  • 大会名:第48回女子京都クラブリーグ
  • 会 場:横大路体育館

【SCORE】

1st:12-3 2nd:19-9 3rd:9-12 4th:2-13 total 42-37

【MEMBER】

タッキー、まちこ、わか、まちよ、あらた、たく、みどり、なつ、ようこ、あさみ

【GAME REPORT】

1Q、2Qとも「相手のペースにあわせない」「ボールの運びを早くする」という目標はクリア。終始チェリバのリズムでゲーム運びができていた。3Qに入り突然シュート率が落ち始める。主に外角からのシュートが外れ過ぎていた。それにもかかわらず修正をしなかったがために3Qで9点、4Qにいたっては2点しかポイントを取れない結果となった。

総評:本来なら60点を超すポイントをとることができたはずなのに42点というポイントではこれから先勝ち進むのは難しい。これは早急に修正すべき点と思われる。大きな問題は「シュートセレクション」の悪さ。そのため、外角からのシュート禁止、ゴールにより近いところからのシュートだけをねらう練習が必要と思われる。

5/5の練習内容@東宇治中学校体育館

1) 対面パス
ステップを使ったシュートの精度をあげる。DFを意識。
2) 1 VS 1
パスをさがすのがファーストセレクションではなくまずは1vs1が基本。
3) 5 VS 5(オールコート)
アーリーを出す。ドライブに対するあわせなど。
4) 4 VS 4(オールコート)
人数が減ったため4 vs 4。内容は変わらず。
5) 50本シュート
シュートの精度をあげる。自分の得意不得意を知る。

【総評】
1人1人が攻める姿勢をもつことが重要。すぐにパスや外角のシュートに頼るのではなく、大きくDFを動かしてからシュートしていくようにしたほうが良いと思われる。DFを動かすとよりOFRがとりやすくなる利点もあるのでまずは各々がこういった自覚をもつようにしたい。

京都リーグ戦3〜VS Baby face〜

CHELIEVERS VS Baby face

  • 日 時:2010年5月2日(日)
  • 大会名:第48回女子京都クラブリーグ
  • 会 場:横大路体育館

【SCORE】

1st:11-23 2nd:8-23 3rd:17-13 4th:13-13 total 49-72

【MEMBER】

タッキー、わか、まちよ、あらた、たく、ごん、みどり、なつ、ようこ、あさみ、のん

【GAME REPORT】

1Qで3Pを5本決められ、点差を離される。OFもパスミスが続きシュートで終わることが少なかった。2Qもそのままの流れをとめられずさらに点差がひらく。3Qに入り、3PをケアしながらのDFをすることによって相手の点数を押さえることができてきた。OFものんなどのメンバーが縦のドライブをきめ出しチーム全体のリズムがよくなってきた。そのまま最終Qに入ったが、こちらの得点が思うようにのびず結果、大差の負けとなった。

総評:ふだんから、カバーした後の3Pのチェックがしっかりとできていない、もしくはしていなことが今回の大量得点をとられる原因と思われる。相手の速攻もとめることができず流れの速いゲームに不慣れなところが露呈した。

ゲーム前半は、相手のDFをみすぎて1 on 1をしかけていなかったがためパスのカットを狙われてしまった。後半から1 on 1をしかけるイメージを持ってゲームにのぞんだため得点がのびたように思う。

まずは、ボールをインサイドに入れることが大切。外角シュートはいつでもできるので、ボールをべースラインまで運ぶ。インサイドに入れた後なら、 オフェンスリバウンドを確実にとりやすくなるのでこういったパッシングゲームにもっていくことが大切である。DFを大きく動かしてからシュートにもっていく流れを作るような練習が必要。

ホーム > アーカイブ > 2010年5月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る