ホーム > Report > ゲームリポート

ゲームリポートのアーカイブ

リーグ第4戦 vs Girls Frontier

  • 日 時:2011年6月18日(土) 14:20〜
  • 大会名:第49回女子京都クラブリーグ
  • 会 場:横大路体育館

【SCORE】

1st:15-11 2nd:12-4 3rd:10-8 4th:9-8 total 46-31 WIN

【PLAYERS】
タッキー、わか、かーこ、あらた、たく、あさみ、みどり、さおり、とも、あかね、えーこ

Special thanks:まちよ

メンバー専用コメントページはこちら

リーグ第3戦 VS FREE CLUB

  • 日 時:2011年5月4日(水祝) 17:00〜
  • 大会名:第49回女子京都クラブリーグ
  • 会 場:西京極体育館Cコート

【SCORE】

1st:16-9 2nd:11-9 3rd:16-7 4th:3-11 total 46-36 WIN

【PLAYERS】
タッキー、まちよ、かーこ、たく、ゴン、ようこ、ノン、さおり、とも、あかね、えーこ

メンバー専用コメントページはこちら

リーグ第2戦 VS マドモアゼル

  • 日 時:2011年4月24日(日) 10:20〜
  • 大会名:第49回女子京都クラブリーグ
  • 会 場:横大路体育館

【SCORE】

1st:12-10 2nd:15-8 3rd:9-19 4th:13-10 total 49-47 WIN

【PLAYERS】
わか、まちよ、かーこ、たく、ゴン、ようこ、あさみ、ノン、えーこ、さおり、とも、あかね
Special thanks:まちこファミリー、エコさん

【REPORT】
相手ボールからスタート。さいさきよくノンのレイアップが決まるも、ミス続きで失点。相手方もシュートが落ちたりミスが続いたため引き離されることはなかった。2Qでは、練習していたパスのつなぎもテンポよくでき得点を重ねることができ、27-18で前半終了。
後半に入り、相手のDEFが少しきつくなり、こちらの点が止まったうえにリバウンドもなかなか制することができず相手に大量得点を許してしまう。最終Qで今のチームでやれることを見直し、立て直しをはかる。残り2分少々でノンの3Pがきまり同点に追いついた。終盤パスカットからえーこのレイアップが決まり逆転。結果1ゴール差で勝利。

新チームで本格始動してからの勝利だけに価値は大きいと思われる。だが、より強固なチーム力を得るために今回の反省をいかし、次回の試合にむけて修正をかけていきたいものである。

 

【メンバー専用のコメントはこちらです。】

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

宇治市民総体決勝 VS Bagel

CHELIEVERS VS Bagel

  • 日 時:2010年9月5日(日) 14:30〜
  • 大会名:第44回宇治市民総体
  • 会 場:黄檗体育館

【SCORE】

1st:21-23 2nd:12-9 3rd:11-15 4th:18-12 total 62-59

【MEMBER】

タッキー、まちこ、わか、まちよ、あらた、たく、なつ、ようこ、あかね
Special thanks:ごん

【GAME REPORT】

ゲームスタートはたてつづけに相手に点数を取られてしまう。その上ミスが続きなかなか点数がのびない。残り5分くらいからようやく連続点数が入り勢いに乗ることができ、1点差で2Qに入る。
2Q入り始めに逆転することに成功したが、その後シュートが決まらず突き放すことができなかった。

後半開始早々、ミスが続き再びビハインド。動きが悪く中から勝負することができず、外からのシュート率も悪いので点数がのびなかった。4Q始めもミスで得点を許すも、まちこちゃんがあたり始め連続得点で再び逆転に成功。ゲームの終わり頃に相手につき(運)があり、3Pを連続できめられ、2点差までに追いすがられてしまう。最後の最後に相手のファールによりこちらにフリースローがあたえられ、1Pを追加。そのまま逃げ切ることができた。

【公式メンバー用コメントはこちら

宇治市民総体1戦目 VS NO SWEAT

CHELIEVERS VS NO SWEAT

  • 日 時:2010年9月5日(日) 11:30〜
  • 大会名:第44回宇治市民総体
  • 会 場:黄檗体育館

【SCORE】

1st:20-14 2nd:14-15 3rd:15-10 4th:10-18 total 59-57

【MEMBER】

タッキー、まちこ、わか、まちよ、あらた、たく、なつ、ようこ、ノン、あかね
Special thanks:ごん

【GAME REPORT】

ゲーム前半、1Q目は動きが固くぎこちないプレイが多かったもののシュート成功率が高く20得点をあげることができた。だが2Qに入り相手の3Pがおもしろいように決まりだしたうえにこちらの得点もとまりがちになった。

3Q目、動きもなめらかになりさし足でかせぐこともでき点差を引き離すことに成功。4Qに入り自らのミスで首をしめることになる。プレッシャーが少し強くなってきたところからターンノーバーが多く見られこちらの点差はのびなかったのだが、相手にとっては一番点数を稼がせてしまったクゥオータであった。

ビデオを見直すとボールマンがボールをキープした後から他のプレイヤーが動き出す悪循環がたくさんの場面で見受けられた。ボールと他プレイヤーとDFの動きをみながらボールが移動中に次の行動に移せるような練習が必要。これは、コートにでいているプレイヤーが全てわかっていないとどこかで動きがとまってしまうことも忘れないでもらいたい。

【公式メンバー用コメントはこちら

ホーム > Report > ゲームリポート

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る